yohdesign

名人の梅干し2014年4月13日

大変お世話になっているグルメなクライアントから、辛口なホワイトデーのプレゼントをいただきました。

ずっしりと重い包みを開けると、梅干し好きにはたまらない光景が!なんてきれいなんでしょう。一粒一粒、隙間なくきれいに並べられた梅はツヤツヤとしていて、柔らかそうな皮にはキズひとつありません。梅と塩だけ、というこれ以上ないシンプルな梅干しは、口にすると、梅そのものの素材の味が冴え渡っていて、ああ、もう、実に美味しいのです。

この梅干しの名人たる所以は、その塩分にあるとか。梅そのものの素材を引き立てるために、塩分13%で漬けているのだそうです。梅干しを漬けたことのある人ならおわかりでしょう。塩分13%でカビを生やさずに漬けるのは至難の業。しかもこの名人の漬ける梅干しは、低塩にもかかわらず、何年経ってもカビが生えないとのこと。「18%なら誰でもできる」のだそうです。