yohdesign

小さく育つのが楽しみな棒束子2012年12月28日

二年くらい使ったと思います。
ご飯を炊く土鍋を洗い、鉄瓶を洗い、焼き網を洗い、おろし金を洗い、
毎日少しずつ擦り減ってきた棒束子が、そろそろ代替りです。

写真右は、通販カタログで購入した棒束子。二年使用したもの。
正直なところ、これはいまいちでした。棕櫚を結束している針金の締め上げが甘くて、使い始めからイヤな感じでした。仕事がたるんでいる感じ。使っているとやはり、針金が緩んできてバラバラになってしまいました。仕方がないので、ステンレスの針金で束ね直して使い続け、それなりに愛着が出てきたところですが、さすがに短くて持てなくなってきました。年末の大掃除に使って、代替りとします。

 

写真左の新しい棒束子は、西尾香織さんの棕櫚箒製作舎のもの。
どうです、この一糸乱れぬ緊張感。やっぱり職人仕事はこうでなくちゃ!

かなり酷使したとしても二年使えて、スポンジたわしより経済的。
汚れた穂先はだんだん擦り減り、立てておけばすぐに水が切れ、
油を洗ってもベタベタ残らず、最後まで清潔に気持ち良く使えます。

 

関連記事:伝統棕櫚箒製造 桑添勇雄商店