yohdesign

チリ紙2012年4月19日

息子がトイレトレーニングを始めたころ、
「これなら、子どもにも使いやすいと思うわ」と、
チリ紙の大きな束を、母が持ってきてくれました。

まだ売っているんですね。チリ紙。
数十年ぶりに使ってみると、ゴワゴワした灰色の紙ではなくなっていて、
フワフワでとても柔らかい。すっかり気に入ってしまいました。

ティッシュペーパー、キッチンペーパー、トイレットペーパー。
私は、使い捨てのペーパー類が家の中にいくつもあるのが苦痛です。
なくなったら買わなくちゃいけないし、
お気に入り銘柄やパッケージもないので、使っていて楽しくない。

そこでまず、キッチンペーパーを使わないことにしました。
食品には洗いたての布巾を、汚れ拭きには刻んだ古着を使います。
次に、ティッシュペーパーも使わないことにしました。
鼻をかむのも、食べこぼしを拭くのも、ガーゼのハンカチです。
子どもが産まれたときに買ったものをそのまま使います。

そして、トイレットペーパーも…と考えたのですが、
これだけは、いいアイデアが浮かびませんでした。
そこへこのチリ紙がやってきたわけです。

 

一年以上かけて、いくつかのメーカーのチリ紙を試してみましたが、
今使っているものがとてもいい。(写真上の右側)
製造元の八幡浜紙業株式会社に電話で話を聞いてみました。

Q. なぜこんなに柔らかいのですか?
A. クレープと呼ばれるシワ加工が細かいので、
ガサガサせずに柔らかくなっています。
クレープを細かく低く加工しているので、かさが小さくなり、
保管場所も取りません。

Q. なぜこんなに白いのですか?
A. 企業や役所から出るコピー用紙などを原料としているので、
広告や雑誌から作ったものより白くなっています。
漂白剤は一切使っていません。白度は72%です。

Q. 再生紙を使っていますか?
A. 100%再生紙です。ティッシュペーパーやキッチンペーパーは、
バージンパルプを使ったものがほとんどです。
再生紙を溶かす工程で薬品を使いますが、それ以外に薬品は使いません。

いち消費者からの電話に、とても丁寧に対応してくださり、
柔らかさや白さへの疑問も解消されました。

上の写真は、ティッシュペーパーを使わなくなってから、
4年間使ったガーゼのハンカチです。
こうして使い倒してみると、製品の良し悪しがはっきり出ます。
良いもの(左)は、何百回も洗濯しているのに、型が崩れていません。
4年分以上のティッシュペーパー代だと思えば、
上等なガーゼのハンカチを買ってもお釣りがきますね。

毎日手にするのが楽しみな、くったりしてくるのが楽しみな、
お気に入りのガーゼのハンカチを使って、
(汚れのひどいものには、チリ紙をうまく使って)
家のあちこちに点在するティッシュペーパーの箱を、
ひとつずつ減らしていくと、部屋も暮らしもすっきり軽やか。

使い捨てない暮らしでは、ゴミ箱も家にひとつあれば充分です。