yohdesign

「よるくま」2011年1月15日

夜でも空が明るい東京ですが、冬にはいくつか星を見ることができます。
「よるくま」は美しい夜空が印象に残る一冊。夜空の黒色にドキっとします。
名前に「熊」が付く息子の、出産祝いとしていただきました。

三等身とか、いつもグーしてる手とか、車好きとか、名前とか、
絵本のよるくまと1才の息子はよく似ていて、
星のまたたく夜空の下、おかあさんを探してよちよち歩く姿にキュンとします。
「おしごとしてた」おかあさんと感動の再会を果たすページになると、
「おかーたーん」「ばーばーん(おかあさーん)」
子ども達も大合唱、絵本の中のよるくまを撫でては喜びます。
素直な終わり方はいい余韻だけを残して、今宵もすうっと眠りにつくのでした。

母性本能を標的にしたこの絵本。
狙いどおりノックアウトされた私は、毎夜毎夜よるくまばっかりです。