yohdesign

夜中のデスクワークには暖房を使わない/頭寒足温2010年12月11日

ようやく冬らしくなってきました。寒いの大嫌いだった私ですが、
三児の母で翻訳家であり一家の大黒柱でもある友人のS子さんが、
「私この寒さ好きなんです。頬がピリピリしてくるこの感じ。」
と言うのを聞いてから、寒さと前向きに付き合えるようになりました。

着るものも着ないで、体も動かさないで、一日中暖房をつけて縮こまっていませんか。
暖かい空気は上のほうに溜まりますから、これでは頭がボーっとしてしまいます。
体を暖めるものを食べて、生活の中で体を動かすチャンスを逃さないで
(階段とか、雑巾掛けとか)、自ら熱を作り出せる体を目指したいものです。

それでも冷える冬の夜は、湯たんぽの出番です。
ステンレス製の湯たんぽは、中の水を繰り返し使えるうえ、錆びにくいのでおすすめ。
お行儀良く脚を揃えて座ったら、脚の付け根に湯たんぽをのせて、
足先まですっぽり毛布でくるみます。暖まった血液が体に行き渡ります。