yohdesign

blog

you are here: HOME / BLOG

カラマツ材の曲木加工

in BLOG

image6 のコピー

長野県中小企業団体連合会のカラマツ材家具に関わる事業に参加しています。今回は、松本市にある皆木工作舎で、カラマツ材の曲木加工の可能性を検証しました。曲木には、ブナ、タモ、ナラ、などの広葉樹が使用されることが多く、粘りの少ない針葉樹は、材の外側の割れ、内側の挫屈、が起こりやすいと言われます。

コーディネーターの遠藤先生の指導のもと、皆木工作舎の皆木さんオリジナルの蒸し器でスチーミング開始。コンプレッサーから七輪に空気を送り込み、温度上昇も好調です。

image3 のコピー

image7

角材、薄材、片側を成形したもの、カラマツ材以外の広葉樹、など、様々な条件で検証しました。材種それぞれに、個々の材ひとつひとつに、個性があります。軽く曲がる材、割れる材、挫屈する材。カラマツ材にはどのような成形方法が適しているのか、少しずつ答えが見え始めます。

 

大活躍の七輪とスギの蒸し器。次の機会には、焼き芋とふかし芋も一緒に作りたいな。

image1

カテゴリー

アーカイブ

contact